本文へ移動

理事長のブログ

「立派になりたい」 ~できるだけ素直な気持ちとセミブラフでつづります~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

22.シックスセンス

2021-10-21
注目オススメ

なかなか面白いではないですか。
春名部長のイチブトゼンブ。
 
 
「B’zの歌」と、「個人的体験」と、「パレット会の方針」を織り交ぜた読み切りの構成。
素晴らしいですねぇ。
 
 
このまま良いところをどんどん言ってくれたら大変助かりますぅ~
どんどん言っちゃって~
 
 
今回の見守りの定義の話もGOODですね。
(読んでない方はこちら)
 
 
見守りの定義
「ものごとがおこらないか五感で周囲を意識し、
安全な状態であるか注意を払い発生時、的確かつ迅速な対応を行うこと。」
 
これを作ったとき、本当は、「六感で周囲を意識」と思っていました。
でも第六感って、幽霊見えるんか的なツッコミに説明していくのがめんどくさいんで、五感ってことに落ち着きました。
 
 
イチブトゼンブでは第六感の話がメインではなかったので、
ここではその説明がめんどくさい六感をメインに。
 
 
第六感(シックスセンス)っていったいなんでしょうね。
 
 
シャワー浴びてる時、急に背中がゾワッとなるあれですかね。
 
見えてはいけないものが見えてしまったみたいやつですか。
 
それもシックスセンスなんでしょうけど。
 
 
 
 
なんか初めてやってみた時、
「あんた、センスあるやん~」
なんて先輩とか上級者に言われたことありません?
 
やったことないのに、筋がある。
え?本当に初めて?みたいなやつ。
 
それって、こっちからしたら、
ほかの経験の応用をして、こんな感じかな~となんとなくやってみた、ですね。
 
それがなぜか上級者には本質を突いているように見えるという。
上達に必要なものを兼ね備えているとか?
 
 
この感じが僕の考える、シックスセンスです。
 
経験からくる予測というか。
 
 
他にもあります。
 
 
車の運転中、
この角、なんか怖いな~なんて、ブレーキ踏んだら
案の定、自転車が飛び出してきた、とかね。
 
 
このコップ、テーブルから落ちそう、って案の定、腕に当たって落ちるとか。
 
だから、落ちる前にあらかじめ言っておきますよね。
その生ビールもっと前に置いて。と。
上機嫌に酔って、身振り手振りで会話する友達に。
 
 
子供の話と思いましたか?
大人でもありますからね~。
ガッシャーンなんて。
僕はバーのワイングラス何回も割ってます~。残念!出禁!
 
 
この話は騙されそうだな~とか
これはうまくいくだろうな~とか
 
 
ここから飛び降りたら怪我するな~とか
これくらいの高さなら飛び降りても大丈夫だな~とか
 
 
きっと喜んでるだろうなとか、
絶対悔しいだろうなとか、
○○に対して怒っているんだろうなとか、
 
 
お腹痛そうとか、
頭痛いのかな?とか、
 
 
暑いだろうなとか
寒いだろうなとか
 
 
人の気持ちまでも、なんとなくわかっちゃう。
 
こういうのがシックスセンスというのではないかな。
 
全部、自分の経験則から直感で判断しているんですね。
 
経験しているからなんとなくわかっちゃう。
 
 
投資家が稼いだりするのも、
○○をしたから、とか、テクニックがどうとか、そういうことではなくて、
いや、そりゃそういうテクニックなんていくらでもありますけど、
僕がテクニックをまねたり、勉強したって稼げないんですよ。
 
じゃ、なんで?って話ですが、
僕と彼らの違いは、
投資において、山ほど失敗しているから。
 
何をしたら失敗するかわかっちゃう。
 
これはいけそうとか、これはあぶない、とか、
そういうシックスセンスがあるから。
 
僕にはそれがない。
 
なので稼げない。
 
でも僕のシックスセンスは、
君はいつか実るよ~続けなさい~。
と言っています。
なのでこのまま失敗を続けてみようと思います笑。
 
 
 
「やな予感がする。。。」
とか、
「新しい世界が来てるかも。。。」
とか、
こういう感覚はシックスセンスと言えると思います。
 

 
スポーツでも、結果出してる選手って、

野球だったら、同じ守備位置でも、

相手によって立ち位置を何センチか何メートルか、変えるわけでしょ。

分析によって、この辺かな、と。

そこに丁度ボールが飛んでくる。

シックスセンスなんじゃないかな。



日常的な話だったら、
 
あいつは空気読めるとか読めないとか。
 
ここは自分からあいさつするべきところだな~とか、
 
ここは、俺がしといあげたら早く済む、とか
 
御礼を言っておこう、とか
 
埋め合わせはこっちからしないと、とか
 
今のタイミングで返事しておこう、とか
 
職場においても、家庭においても、友達においても、そういうの考える事ありますね。
 
 
 
シックスセンスを磨いて、働かせると、
 
いいやつになれるのかもしれない。
 
物事がうまくいき、成功してしまうのかもしれない。
 
なんてね。
 
 
 
「やな予感」を育てましょう。
 
虫の知らせとか古い日本語にもありますしね。
 
 
 
「やなやつ」ではなく、「いいやつ」になれるように。
 
物事が、悪循環ではなく、好循環になれるように。
 
 
 
シックスセンスを磨きましょう。
 
どうやって磨くの~って、
 
沢山の失敗体験と成功体験をして、二つともしっかり分析をして、忘れないことだと思います。
 
そして自分のシックスセンスを無視しないってことだと思います。
 
9割本気、1割ジョークの話です。



21.突然変異種

2021-03-03
 
 
 
丸一年マスクなしに過ごした日はありません。
 
そのおかげで僕は秋の花粉症を回避できました。
 
人類にとって必需品になったマスク。
 
マスクつけずに外歩けない世界になりましたね。
 
 
 
なんかの事情でパンツ履くのを忘れても
 
マスクだけはつけとけよ。
 
 
 
お題の突然変異種、
 
 
 
ウイルスのほうじゃなくてね。
 
 
 
このまま行ったら人間自体が進化しちゃうんじゃないんですか。
 
 
 
っていう。
 
 
 
コロナが世界の大気を覆い尽くし、
 
人類はその新しい世界に順応した・・・みたいな。
 
 
 
突然変異で口にマスクが付いてる子供が生まれてね。
 
 
コロナワールドの突然変異種
 
 
 
マスク人間
 
 
 
マスクなしでロックダウン都市を縦横無尽に飛び回れる。
 
花粉症もなし。
 
 
 
無敵。
 
 
 
いや、ウォーターワールドみたいな話なんですけどね。
 
 
 
変異種(やつら)をつぶせ!
 
といって在来種(ぼくら)が駆逐する時代が来るんでしょうか。
 
 
 
あんま覚えてないけど、あの映画、
 
 
 
駆逐する理由って、
 
ただの嫉妬しかないですよね。
 
 
 
エラ付き人間て、うらやましすぎるでしょ。
 
ついでに翼も生やしときましょか。
 
 
 
陸海空、制覇。
 
 
 
無敵。
 
 
 
勉強いらん。
 
 
 
朝起きたら
 
マスク人間になってました。
 
楽でしょうねぇ。
 
重度の花粉症の僕からしたら真っ先になりたいですね。
 
 
 
変異種(ぼく)をつぶせ!!
 
といって在来種(きみら)に駆逐されますかね。
 
人体実験とか?
 
 
 
やっぱやめときましょか。
 
 
 
あぶない。
 
 
 
海の中潜れるわけでもないし。
 
 
空飛べるわけでもないのに。
 
 
駆逐されたら割に合わない。
 
 
 
マスク人間。
 
 
 
だっせぇ。
 
 
 
映画にもならん。
 
 
 
ような話を、
 
 
 
ここまで読ませてしまった、
 
 
 
責任を感じます。
 
 
 
何の無駄。
 
 
 
申し訳ありませんでした。

20.うれしいに無邪気になろうぜ

2021-02-02
 
 
 
感謝されたいと思うわけです。
 
 
感謝されて偉そうにしたいということではないですよ。
 
 
単純にありがとうって言ってくれるのってうれしいじゃないですか。
 
 
料理作って食べてもらって、おいしい!って言ってくれるのうれしいし、
 
プレゼント渡して、ありがとう!って言ってくれるのうれしいし、
 
悩み聞いてあげて、ありがとう、って言ってくれるのうれしいじゃないですか。
 
 
素直にね。
 
素直に、あなたの笑顔が見たい!
 
ただそれだけです。
 
 
 
してあげたい感情は自己満の偽善者とか、恩の押し売りとか、
そういうくだらない議論はシラフでは厳禁ですからね。
 
 
 
すっかり出前館のヘビーユーザーになってしまいました。
便利ですね、ウーバーイーツもそろそろ我が家も範囲内になるようで。
 
いつからか、出前の人にお釣りの中から130円程度のチップを渡すようになりました。
 
 
ジュースでも買ってくださいって言ったら、
たいていの配達の人はびっくりして、
 
 
え!!!!
ほんとにいいんですか!!!!!
ありがとうございます!
あったかい缶コーヒー買わせていただきます!
 
 
ってなります。
 
 
サプライズ誕生日パーティーのごとく喜んでくれます。
 
 
チップ社会でない日本では、
 
僕のこの行為は完全にずるです。
 
チートです。
 
わいろです。
 
彼の心わしづかみです。
 
130円ぽっちかよ!すくね!って顔する人、一人もいないです。
 
めちゃくちゃ喜んでくれます。
 
それを見て僕もうれしいです。
 
素直で無邪気で、かっこいいなと思います。
 
 
 
多額の賞与出しても無表情の人もいるというのに(うそ、ごめん汗)
 
 
 
130円のチップで大喜びしてくれる人がいるんです。
 
 
 
小さな仕事を頼まれても、
それくらい自分でしろや!と思う自分ではなく、
お安い御用ですと、心から言える自分になりたいですね。
 
 
逆にこちらから頼んでしてくれたことに、ありがとうと言える自分になりたいですね。
 
 
素直にそういうの表情に出していけたらいいな~と思います。
 
 
「当たり前」にならないように。
 
 
無邪気に笑いたいし、無邪気に喜びたいです。
 
 
シンプルにかっこいいと思います。
 
 
 
そういうのが照れくさくて、
 
 
斜に構え、ひねた表情してきた僕はもう卒業しないとね。
 
 
さらに、イラついて顔がひきつってるときありますから、
 
 
まだまだ修行が足りません。
 
 
それでも、いつもみんなに感謝して生きています。
 
 
のつもりです。
 
 
 
うれしいに無邪気になろうぜ!
 
 
 
スマイル0円!
 

19.もう学びのの観点からの学校とかいらないのかもしれない③

2020-12-29
 
 
 
 
コロナ禍で、当たり前だったものが当たり前じゃなくなったなと感じます。
 
マスクしていないとマナー違反になりました。
 
大人数の宴会はすべてなくなりました。
 
満員の店に入るのをためらいます。
 
東京から田舎へ移住。田舎の家から東京本社へ毎日リモートワークで出社。
 
日本アルプスの見える家から東京本社へ通勤時間1秒。
 
 
 
 
どこでもドアってあったんや。
 
ネット自体が当たり前すぎて、
 
通勤が当たり前すぎて気づきませんでした。
 
 
 
 
こんな世の中でも健闘した産業は、
 
学習塾。学校休みで親が行かせたのかな。
 
葬儀業。結婚式は延期できても、こればっかりは。
 
ファーストフード。ドライブスルーですね。
 
コンビニ、スーパーマーケット。ライフライン関係に入りますね。
 
運送業。各家庭へ荷物運びまくりましたかね。
 
通販業。僕も利用しまくりました。
 
美容業界。マスクできる今のうちに!ですかね。
 
テレビ、パソコン、スマートフォン。家で過ごすために必要になりました。
 
家具、家事用品など。この辺は特別定額給付金の特需らしいです。
 
ちなみに企業で行くと、任天堂は過去最高益、さすがですね。
 
自転車のシマノは、上場来最高値。通勤にバスや電車をやめた人たちが自転車を買ったとか。健康ブームとコロナでダブル特需か。日産の時価総額を抜いたらしく。すごすぎですね。自転車が自動車抜くなんて。
 
 
 
パレット会が、コロナによって、児童の利用者さんを受け入れられていない状況はあれど、なんとか営業して、なんとか額面通りの賞与を払えていること自体が、不思議です。
あんなに大変だった病院で賞与が出ないところがあると聞きました。
 
 
 
経済のお金の巡りはちゃんと見えません。
 
 
 
なので余計に思います。
 
 
 
もしかして、勉強なんかしてる暇ないんちゃうかと。
 
 
 
どうせ勉強しても経済わからへんし笑
 
 
 
野菜を育てる知識、稲を育てる知識、井戸を掘る知識、
保存食を作る知識、発酵食を作る知識、家を建てる知識、
水をろ過する知識、毒か毒でないか、危険か安全か、電気依存からの脱却。
 
 
 
 
そんなのが大切なのではないかと。
 
 
 
 
僕の父の世代でも、田植えや稲刈りの手伝いで学校を休むとかあったらしいが。
 
そういう人間生活の本質的な部分が大切になってくるのではないかと。
 
なんとなく感じますね。
 
現実的に生きる力があればどこでも生きていけるなと。
 
 
 
強い。
 
 
 
あとはどこでもドアでいつでも世界とつながるから、
 
外国語は必須か。
 
 
 
とか、色々書きましたけれど、
 
友達を思いやる気持ち、競争による悔しさや達成感、負けん気、理不尽な教師との付き合い方(笑)、ジャイアンとの付き合い方(笑)
 
そういうのは、学校じゃないとむつかしいでしょうね。
 
 
 
 
スポーツの面白さもやってみないとわかりませんしね。
 
バンドも学校の友達と組みました。
 
今もお酒を飲む同窓生がいます。
 
そういうのは学校のおかげと思います。
 
ありがたいことです。
 
一人じゃ生きていけません。
 
 
 
 
 
今年も1年間、お世話になりました。
 
 
来年も、皆さんにとって、良い1年になりますように。
 
 
良いお年をお迎えください。

18.もう学びの観点からの学校とかいらないのかもしれない②

2020-12-22
 
 
 
第二弾です。第三弾までにしようと思います。
 
 
 
いきなりですけど
僕には少しだけ不登校の経験があります。
 
 
 
あんまり書くとこれを見た親がまた心配するので柔らかく書きますけど。
 
 
 
小四の夏休みに引っ越しで転校してからのことです。
きっかけとかないんですけど、とにかくなじめなかったです。
 
 
 
小四て、交友関係も社会性を帯びてきているというか、
小一や小二のわけがわからずみんな仲良く、の年頃ではなく、
色々分かってくる年代と思うんです。
グループができてたり、こいつめちゃくちゃ優しいやん!とか、
いいやつってこんな感じなんや!
優しくするってこういう風にするんやなぁとか、
逆に、あいつはずるい、せこいみたいなのとか、
何となくわかってくる時期と言いますか。
 
 
 
僕は僕で前の学校では、近所の友達だけではなく、別地区の親友みたいな、馬の合う友達ができ始めた時期でしたので、新しい場所でのゼロからのスタートがかなり億劫でした。
 
 
 
たつの市から姫路市へと、短い距離なのに、
「ごめんなさい」や「ドラえもん」のイントネーションが違うと笑われたりね。
意識していないところを突っ込まれて笑われるのは小四にはかなりの負担ですね。
 
 
 
転勤族だった方には、お前は弱いと笑われるでしょうけど、
僕にとってはなかなかの経験でした。
 
 
 
あの当時は、「学校へ行くのは当たり前」、「登校拒否児は大問題」の時代だったと思います。
 
僕も当然、学校へ行かないといけないという当たり前の考えと、
本当に行きたくない、という感情が常に交錯していました。
蕁麻疹もそのころからで、毎日のように全身に出てやばかったです。
通えた日があり、行きたくない日もあり、でも行くしかないという日もあり。
行けば楽しいときもあるし、蕁麻疹が出てすぐ下校するときもあり。
 
 
 
ほんま、通えた、えらい!拍手パチパチ、みたいなんやめて。何の無駄。
 
 
 
牛乳飲めなくて毎日昼休みがなくなってる友達と同じで、何の無駄。
 
 
 
というか、ほんま、そんなわけわからない価値観がまかりとおる時代でしたからね。
 
 
 
先生が蕎麦を頑張って食べなさいといって、蕎麦アレルギーで亡くなったとか聞いたことありますし。
 
 
 
絶対に間違ってますね。
 
 
 
今もそんなのあるんですか?
 
 
 
ニックネームはいじめの原因になるからさん付けじゃないとダメとか?
 
 
 
男女混合のあいうえお順じゃないと男女差別になるというのに
背の低い順に並ぶとか、そこはアリなんですね。
 
 
 
とにかく、いびつな価値観はたくさんありますね。
 
 
 
でも、今は、昔と違って、学校へ行かないのもアリ!みたいな風潮にはなっていますね。
とても良いことだとおもいます。
 
 
 
僕にはこんな経験があるので、子たちが学校へ行きたくないといったら、即答で、ナイス選択!と言って受け入れたいと思っています。
 
 
 
今時、僕みたいに行きたくないのに、親が心配するからとか、学校へ行かなければ大人になれないくらいの罪悪感をもって、気持ちを奮い立たせて、歯を食いしばって学校へ行く必要なんて一つもないと思います。
 
 
 
ストレスを感じている時間は、本当に人生の無駄です。
 
 
 
勉強だってネットのスタディサプリなんか、義務教育の範囲から難関大学受験の分野まですべて900円とかで神授業見放題ですからね。学校や塾より安いですね。
 
 
 
 
何よりもyoutubeがあります。
僕の時代は本しかなかったですね。
母に図書館へ連れて行ってもらってずっこけ三人組読みました。
小四で読む本なら所詮その程度です。
youtubeなら下手したらソクラテスまでたどり着いているかもしれません。
 
 
 
 
少数派の意見でしょうけど、僕は経験からそう思います。
ま、そんなこんなで僕は、どっか屈折しているところはあるんでしょうね。
人に理解されにくい本質的な価値観とか持っているかもしれません。
 
 
 
ただ、ね、
僕にとって歯を食いしばって学校へ行ったからこそ、ひょんなきっかけで友達もできて、学校へ行くのが楽しくなったのも事実ではあります。
0
4
5
2
2
7
TOPへ戻る