本文へ移動

理事長のブログ

「立派になりたい」 ~できるだけ素直な気持ちとセミブラフでつづります~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

12.恐怖と行動は確率と熟慮とともにミックスジュースにして飲む。

2020-09-02
ミックスジュースを飲みました。
メロンが入っているだけで、風味が段違いに高級になりますね。
 
メロンはアレルギーなので基本的に食べないですけど。
 
口の中、かぃぃ~なるんで。
 
でもメロンの味は好きです。
 
 
 
 
 
いきなりですが、ことわざや格言をいくつか。
時間に関するものです。
 
 
 
 
時は金なり
 
 
 
光陰矢の如し
 
 
 
時は得難く失い易し
 
 
 
明日死ぬかのように生きよ
永遠に生きるかのように学べ
 
 
 
人生とは今日一日のことである
 
 
 
時間の使い方は、そのまま命の使い方になる
 
 
 
自分の経験は、どれほど小さくても、百万の他人がした経験よりも価値ある財産である
 
 
 
 
コロナ陽性者数/死亡者数/死亡率
(8月5日厚労省)
10歳未満 720人/0人/0%
10代 1692人/0人/0%
20代 12370人/1人/0%(0.008%)
30代 7124人/4人/1%(0.056%)
40代 5585人/14人/0.3%
50代 5005人/36人/0.7%
60代 3081人/107人/3.5%
70代 2526人/275人/10.9%
80代以上 2477人/569人/23.0%
 
全体 40580人/996人/0.02%
 
 
 
 
地域別(累計)
(8月25日NHK、兵庫県HP)
全国/兵庫県/姫路市/たつの市
64002人/2160人/101人/9人
100%/3%/1%/0.1%
 
直近1週間の人口10万人当たりの感染者数
1位 沖縄県17.55人
2位 東京都10.98人
13位 兵庫県3.86人
 
HIS+193億円→+17億円へ下方修正
近畿日本ツーリスト+35億円→-35億円へ下方修正
日産650億円下方修正
ANA670億円下方修正
 
 
ほか市場規模で減収を見ると半端じゃないです。
 
もう古いデータですし、
どこまでデータ示せばよいかわかりませんが。
日本経済、まじでやばいです。
株だけなぜか元気ですけど。
 
データの通り、コロナは高齢者にとっては本当に危険な大敵です。
致死率がおそろしい数字になっています。
 
30代で1%て少ないと思うもしれませんが、
感染者100人中1人がなくなるということです。
 
ただ、感染自体は10万人に4人です。(兵庫県)
これをどう考えるか。
 
 
 
 
当法人もなんとしてもこの難局を無事にくぐり抜けたいと思っています。
感染のほうも、経営のほうも。
 
感染症予防対策委員会を何度も開き、
厚労省や保健所へ質疑をしたりして、
他業種よりも、少しきつめのフローチャートを作成しました。
 
「職員の家族の親友の家族が陽性反応」
 
一般的には特に心配する必要なしの判断です。
 
が、遠いようでめちゃくちゃ近いですよね。
 
こういうケースはすぐに報告をお願いしたく思います。
 
 
 
「職員の家族が自覚症状あり」
 
当法人のフローチャートの通りにしてください。
 
 
 
そういうところきちっと抑えた上で思います。
 
 
 
 
修学旅行の中止
 
自然学校の日帰り?
 
実習の中止
 
 
 
10代の感染率や致死率を鑑みて
 
しかも、東京や沖縄ではない兵庫県のたつの市で
 
 
 
一生に一度の思い出が。経験が。
 
 
 
子たちの人生を考えると涙が出るほどつらく思います。
 
仕方のないこと、なのでしょうけれど。
 
学校としてもなんとしても、と、うちと同じ気持ちでしょうから。
 
旅行もいかない、遊びにも行かない。
 
不要不急の外出を控えるというより、
 
すべての外出を控えるような価値観で。
 
家にいるだけ。
 
ボードゲーム買ってもずっとやるもんじゃないしね。
 
家にいればいるほど、いろんな冒険心がどんどん削られていくように思います。
 
 
 
毎日を輝かしく送ってほしいと思います。
 
 
 
かわいい子には旅させよ。
 
 
 
 
僕は僕で、ゴルフに行けば、高圧的で差別的な目線で非難され。
 
ゴルフ場がダメならコンビニも行けないと思うんですけどね。
 
ソーシャルディスタンスの何倍も離れてますからね。
 
常に300歩以上離れてます。
 
コンビニのほうがよほど密です。
 
コンビニは、不要不急ではないからOK?
 
 
 
理事長の僕がこうしたことを言うのはリスクしかないのですが、
 
職員のみなさんへは、不要不急の外出を控えろとは言えません。
 
毎日毎日、懸命に仕事をこなしていただいて、
 
外へ出るな。家にいろ。なんて。
 
それ、どんな人生。
 
 
 
三密を避けるアンテナを高く、
 
感染リスクを高めない感性を持って、
 
うがい手洗いマスクの徹底をしていただけたら、
 
旅行もありかと思います。
 
Gotoトラベルキャンペーン、
 
非常に魅力的な内容になっていますよ。
 
国が旅行行ってね、と言ってます。
 
利用者さんの人生も同じく思いますので、
 
Gotoキャンペーンで利用者さんの旅行、何かできることないか問い合わせなうです。
 
 
手洗い、うがい、マスクの徹底
徹底的な消毒
フローチャートによる自宅待機基準
そして緊急事態宣言が再発令されれば、当然しっかり自粛しましょう。
 
 
 
いや~、この間の施設内ゆかたまつり、本当に良かったですね。
イタリアンシェフも呼んで、おいしいものをたくさん食べました。
多少のお金は使いましたが、最高の祭りになりました。
コロナ自粛の中で生み出された新しい形ですね。
他、メイプル様、まねき食品様、ご協力ありがとうございました。
 
 
 
本日のポイント
 
子供たちの大切な経験を不必要に排除したくない
 
我々も1分1秒お金で買えない人生と感染の確率を天秤にかける
 
国の経済を少しでも守れるようになんとかしたい
 
そのうえでコロナと向き合う
 
勝つためには知識と熟慮を混ぜ込んだ行動をとる
 
コロナのおかげで新しい価値を考えるようになった

11.ほどこされたらほどこし返す!恩返しだ!(爆笑!!)

2020-08-15
職員の皆様、暑い中、いつもお仕事ご苦労様です。
こまめに水分補給お願いしますね。
 
保護者の皆様もくれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。
 
 
ところで、表題の件、みなさん見てますか?
 
もう絶対お笑い番組でしょ笑
 
ほどこされたらほどこし返す、恩返しだ!て笑
 
半沢に倍返し食らった大和田常務が言うから余計に爆笑してしまいました。
 
大和田常務だけのラインスタンプが欲しいです。
 
 
僕が気に入った、半沢直樹の名言をメモしておきます。
まだ放映途中ですが、とりあえず。
 
 
 
一つ目
 
  • 正しいことを正しいといえること
  • 組織の常識と世間の常識が一致していること
  • ひたむきで誠実に働いたものがきちんと評価されること
 
By半沢直樹(池井戸潤)
 
 
 
本質ですね。これが当たり前に実行できる法人にしたいと思います。
この本質を忘れずに、みんなで頑張りたいです。
うちはたいていのことが自由です。
何かを始める時も、やめる時も、根拠を示しせばたいてい通ります。
ちなみに根拠はかならず三つ以上で。
だいたいそれで自由になれます。
よろしくお願いします。
 
 
 
二つ目
 
闘う時、いつも正面にいるとは限らない。
気がついたら戦いが始まっているときもある。
だがな、一番厄介なのは敵が自分自身の時だ。
 
By半沢直樹(池井戸潤)
 
 
 
一分一秒、敵は己にありです。
たくわえすぎた僕のお腹、敵!
 
 
 
三つ目
 
自分のためだけに仕事をしているから組織がダメになる。
仕事はお客のためにするものだ。ひいては世の中のためにする。
 
その大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事するようになる。
自分のためにした仕事は、内向きで卑屈で醜くゆがんでいく。
そういう連中が増えれば当然組織は腐っていく。
組織が腐れば世の中も腐る。
 
By半沢直樹(池井戸潤)
 
 
 
winwinという言葉がありますが、それを超えて、winwinwinです。三方良し!です。
 
利用者さんのために一生懸命仕事に励めば、保護者様が喜びますし、組織も強くなります。
自分も強くなり、自分の家族もそれを喜びます。winwinwinwinwinです、五方良し!です!
 
暑い日は、熱い気持ちで乗り切りたいですね。
 
 
ほどこされたらほどこし返す!恩返しだ!
 
みなさんへ恩返し、何がいいのかな~♪

10.OJTは楽しくなっちゃうようにしたい

2020-07-28
トイレを出たら、新しいおしぼり持って待ってくれている居酒屋がありました。
今風の言葉でいうナイトクラブではなくて普通の居酒屋です。
しかもチェーン店。
 
意表を突かれてちょっと恥ずかしかったですけど、
お客さんを大切にする気持ち「ホスピタリティー」が表れた行動なのでしょう。
やって当たり前ではない居酒屋での話でしたので記憶に残っています。
 
 
僕はこのホスピタリティーが従業員さん個人の領域なのか、姫路店の店長の方針なのか、そのチェーン店の会社の方針なのか気になります。
 
 
別の店の話に変わりますが、隣のテーブルが空いて従業員さんが片付けをするわけですが、テーブルを拭くのに、テーブルの上だけでなく、縁の裏側までごしごししているのをみて、感動しました。
 
うちも食卓を拭く業務がありますから、なるほど、意識的にそこまで考えていなかった。うちにも取り入れよう。しっかり衛生面をマニュアル化した良い店だと思いました。
 
が、ほかの従業員さんを見ると、そんなことなかったです。上だけ拭いていました。
 
これは、個人プレイの領域で終わっていた。いわゆる良い従業員さんで終わってしまっているのがとてももったいないなと思いました。店長さん、その従業員さんの良いところ気づいてあげて!個人プレイの領域で終わってますよ!
 
 
さらに別の店で、年に数回は行く居酒屋なのですが、新人さんがホールを取り仕切っていていました。
 
その人がめちゃくちゃホスピタリティーにあふれる人でした。
 
しめさばをライターで炙って食べようとしたら、瞬間的に、僕の視界にガスバーナーが飛び込んできて「炙りますよ」とか、
 
よく通る声でお刺身の盛り合わせを、「刺し盛り赤字盛りで!」とかいって笑わせたり。とにかくよく気が利くのです。
 
新人が赤字盛りとか言って大丈夫なんか?おもろいけど笑と不安になりながら、
 
すごいですね、どっかでずっとやられていたんですか?と聞いていたら、実はずっとこの店の店長で、会ったことがないのは、ずっと厨房の中にいたからだということでした。料理人が育ったからホールに出てきたと。
 
なるほど、店長ならそらすごいわ。と思いますけど、別に店長だったらみんなすごい、ってわけでもないですしね。その人がすごいんです。厨房にいたのがもったいない才能だと思いました。ホールに出てきて正解。
 
その前に料理人を育ててから。というその順番もめちゃくちゃ勉強になります。ホールでいくら気が利いても料理がダメだったらダメですからね。
 
 
組織とは、個人プレイの集合体で、かつ、その良いプレイをみんなで共有していくことだと思います。
 
さっきの話、
「テーブルは上だけでなく縁の裏側まで拭く」
というマニュアルにどんな理念があるでしょうか。
 
「裏側まで拭きましょう」
と習うのと、
 
「裏側もお客さんが触ることがあるので、汚れやすいから清潔を保つために拭きましょう」
と習うのとでは、
 
理解の深さが変わってくると思います。
記憶の保持度も違ってくるはずです。
 
 
OJTは楽しくなっちゃうようにしたい。
ここができていないとかここが覚えていないとか、
チェックが入らないことだけ言っても面白くないでしょ。
 
理念や本質を理解するところから考えていけば、きっとチャレンジ精神も生まれて楽しくなっちゃうのではないかなと思います。
 
業務マニュアルも個別支援計画書も、プロとして、隅々まで意味を持たせてあります。
「なぜそうしているのか」
それを知ったら、楽しくなっちゃうでしょう。
もっと知りたくなっちゃうでしょう。
そこ、理念や本質ですから。
 
 
先輩の良いところ見つけて片っ端からマネしまくってくださいね。
なぜそうするのか、聞けば必ず意味を教えてくれるはずですので。
 
先輩方も後輩の良いところ気づいてあげてくださいね。
 
そうやってどんどん次世代へ引き継がれていくのが理想です。
 
 
 
居酒屋ですら勉強になります。
 
居酒屋でなくても、飲食でなくても、
心地よいと感じる店は、必ず想いと工夫があるはずです。
 
想いや工夫が、個人から組織に行き届いてやっているはずです。
そんなところからもアイディアは生まれるものなのです。
 
 
なので
出かけるということは勉強なのです!
飲みに行くということは仕事なのです!
 
 
毎日楽しー!と言って毎日寝たいです。
楽しく頑張っていきましょう。
 
 

9.記憶力と直観力は反比例

2020-07-18
老化なのかわかりませんが、度忘れが増えてきています。
割と記憶力が良いほうだと自分で思っているので、それに頼ることが多いのだが。
 
名前だったり、いつもの準備が一つだけ抜けていたり。
 
名前の度忘れは本当に失礼なことです。申し訳ない。
 
 
先日は、給食のデザートとしてついているキウイを、焼き魚とお米を咀嚼している口の中に、お漬物をつまむがごとく、放り込んでしまいました。
 
入れた瞬間、味の異変で間違いに気づき、一人で赤面してしまいました。
 
食べる順番なんて自由ですし、誰も見ていないのに赤面してしまいました。
 
悔しかったんでしょうね。恥ずかしかったんでしょうね。
 
僕が食事中に赤面していたら、デザートを食べてしまったと思ってくれたらいいです。
 
 
なんというか、記憶や動作に歳を感じます。
運営において必要な事項をしっかりと頭にストックできているでしょうか。
それは、いつまでストックできるのでしょうか。
 
羽生善治さんが記憶力の低下から勝てなくなって、直観を信じて将棋を指すようになってから、大復活を遂げたという本を読んだことがあります。
 
僕の記憶力が低下しても、今の法人のクオリティーを保つためにどうすればよいかよく考えます。
 
チェックリストやマニュアルを、すぐに確認できるスタイルで置いておくことや、今まで選択してきたことの根拠の記録を今のうちにしっかり整理できたらなと思います。
 
チェックリストやマニュアルもデザインが大事。増えるだけで意味がないようでは使えませんからね。
 
年を重ねる度に経験を積むから、直観力は研ぎ澄まされていくので、そこは楽しみでもありますが。
 
僕がみなさんの記憶力を頼るようになる時、みなさんが僕の直観力を頼ってくれるように頑張りたいと思います。
 

8.年功序列 VS 成果主義

2020-06-26
賞与の日です。
今まで15日だったのだけれど、25日にしました。
しかも給与と合算で振り込みます。
賞与給与ダブルなので見た目気持ちいいかなと思ってね。
 
 
振込手数料が一回分得になるというのは内緒です。
言ってしまいました。
 
 
成果主義が日本に輸入されたというか、流行ったのは20年前くらいですか。
結果を出した人が上に行くのは当たり前という発想。
分かりやすいですね。
終身雇用と年功序列が当たり前の時代からかなり変わりました。
 
そのころの話ですが、成果主義を取り入れた企業が、まさかの業績悪化という事態が頻発したようです。
 
不思議ですね。
 
普通、業績あがるんじゃないですか。だから取り入れたんですよね。
 
からくりは、先輩が後輩へ教えなくなった。ということらしいです。
 
なるほどね。
 
たしかに後輩へ教えるメリット何もないですからね。
 
教えて後輩が育つこと自体が、自分の立場からしたら脅威でしかないですから。
 
教えてもらえない若手は、チャンスどころかいつまでもミスを連発して顧客が離れていくという悪循環に陥ったそうです。
 
日本において、年功序列は大切な文化だということがわかりました。
年功序列って四文字熟語が響き悪いですね。なんか、ね。反発したくなるような言葉の響きです。
 
でも、年功、だけとるといい言葉だなと思います。
 
年の功です。
 
うちの業界が初めてだったとして、目の前の業務ができなかったとしても、年の功へのリスペクトは絶対に忘れてはいけない、と思っています。
ほかの世界で活躍してきた重み、年の数だけ積み重ねた経験や哲学、直観があるはずです。
僕はこの立場でそれを無視してはいけない。
 
前回の人事考課の話とは矛盾する話に聞こえるかもしれません。
頑張る人をちゃんと評価するために情けは無用と言ったわけですから。
 
だけど、年配の方を敬わないとは言っていないし、
もっと言えば、できない人を冷遇するとも言っていません。
 
賞与はそんな気持ちも入っています。
 
 
 
僕は、70億人の中で、広い地球の、日本という国の、関西の、兵庫県の、たつの市の小さい会社で出会った人たち全員を感謝の気持ちをもってリスペクトしています。
 
よく選んでくださった。
 
数奇な運命のめぐりあわせの中で出会ったのですから。大切にしたいです。
 
その人が今までどんな人生を歩んでこようがが、これからどんな人生を歩もうが、僕がこの会社で出会った人たちみんな、幸せになってほしいと思っています。
 
うちを選んでよかった!と思ってくれるように日々努力です。
 
これは職員の皆さんだけでなく利用者さん、その保護者の方々にも思うことです。
 
楽しいだけの人生なんてあり得ません。
つらいだけの人生もあり得ない。
でもそんな気分になるときもありますね。
 
 
風吹く日も、雨の日も、虹えがいていきましょう!
 
 
感謝!!
0
4
5
2
2
7
TOPへ戻る